枠
枠
突然襲う心臓病
心臓に血液を供給する血管(冠動脈)が細くなり、一時的に心臓の筋肉への酸素の供給が不足した状態を狭心症といいます。そして、冠動脈の細くなったところに血の塊が詰まることで酸素と栄養が供給できなくなり、そこから先の心臓の筋肉が死んでしまうのが心筋梗塞です。心筋梗塞の2~3割は前兆が全くないままに、突然、死に至ることもあります。 また、その他無症状であっても不整脈・弁膜症・心筋症などの病気が進行している場合があります。
心臓イラスト
心ドックでは下記のすべての検査を受けていただき、総合的に結果をご報告いたします。
MRI検査
当施設では冠動脈の状態(狭窄・拡張・走行異常など)を MRI 検査でチェックすることができます。MRI は X 線や造影剤を使用せずに画像を映し出すことができるため、体への負担も少なく安心して受けていただけます。約20分程度の安静のみで撮影できます。
■右冠動脈90%搾窄例 (→部分)
■右冠動脈90%搾窄例

<MRI検査を受ける際の注意点>
● ペースメーカーを使用されている方は検査を受けることができません。
● ある種の金属が体に埋め込まれている方は撮影できない可能性があります。
● 検査中に呼吸が乱れてしまう方や高度の不整脈を有する方は撮影に支障が出
   てしまう可能性があります。
● 閉所恐怖症がある場合、検査ができない可能性があります。

血圧測定(脈波伝播速度検査)
両手両足の血圧を測定します。
 血圧測定(脈波伝播速度検査)
心電図検査
心電図検査
心エコー検査
心エコー検査
約1週間程度で報告書は完成します。
ご自宅への郵送あるいは当院での医師からの結果説明をお選びいただけます。
このページの先頭へ戻る
Copyright ©  2005.  Shoyokai  Med  Corp. All  Rights  Reserved.